洗顔は本来すっぴん肌を綺麗にしてくれるために行いますが、洗い終わってもすぐテカってしまうことありませんか?

すっぴん肌がテカっていると、気になりますよね…。。

 

顔のテカりは放置しているとニキビや吹き出物などの肌トラブルにつながります。

本来すっぴん肌をうるおいをキープして美しく守ってくれるためにお肌が皮脂を出しますが、この皮脂の分泌量は生活習慣を見直すことでコントロールすることができます。

 

皮脂分泌をコントロールできれば、皮脂量が多いことで今までできなかったメイク後長時間美しさをキープすることができるようになります。

今回の記事では、「すっぴん肌がオイリー肌になってしまうメカニズムとメイク崩れなしのテカらないすっぴん肌の作り方」についてご紹介します。

 

あなたのすっぴん肌がより美しくなるために、見直していきましょう。

 

洗顔後にすっぴん肌がテカるのはなぜ?

 

ではまず、すっぴん肌がオイリーになってテカってしまうのはなぜかについて、解説していきます。

 

オイリー肌の特徴と皮脂との関係

 

オイリー肌とは、必要以上に皮脂の分泌が起こる肌質のことをいいます。

オイリー肌の中にもさまざまなタイプがあり、Tゾーンなど部分的に皮脂が多い人もいれば、皮脂量とともに水分量が足りない人もいます。

 

過剰に分泌されるとすっぴん肌をテカらせる原因になり得る皮脂ですが、本来はお肌を守るためにお肌の表面に膜をはるためのもの。

すっぴん肌表面の角質層は皮脂と水分でできた皮脂膜でおおわれており、紫外線や摩擦などの外的刺激からお肌を守り、お肌表面をやわらかく保つ役割があります。

 

また、すっぴん肌の表面を弱酸性に保つことで細菌の繁殖を抑える働きもあるので、すっぴん肌の綺麗を保つためには皮脂はなくてはならない存在なのです。

 

なぜすっぴん肌の皮脂が必要以上に増えてしまうのか?

 

皮脂の分泌には、ホルモンが深く関わっています。

女性でも、体の中で男性ホルモンが分泌され、この男性ホルモンが増え、女性ホルモンとのバランスが崩れてしまうと、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

 

また、「黄体期」と呼ばれる生理前は女性ホルモンの一つである「プロゲステロン」が「エストロゲン」より活発に働くことで皮脂分泌量が増えるため、生理前はニキビなどの肌荒れが起きやすい状態に。

 

すっぴん肌の皮脂が増えることにより起こる肌トラブルとは?

 

すっぴん肌の皮脂が必要以上に増えてしまうと洗顔をしてもすぐにお肌がテカってしまい、メイクをしても崩れやすくなりがちに。

それだけではなく、毛穴が黒ずんだり、皮脂が酸化してすっぴん肌がくすんでしまったり、毛穴がつまってしまいニキビや角栓などの肌トラブルが起きてしまいます。

 

洗顔後の顔がテカらないために見直すこと

洗顔後の顔がテカらないためには、女性ホルモンをバランスを整えてあげることが大切なのがわかりましたね。

女性の体を守る役割をもつ女性ホルモン、どうやってバランスを整えていけばよいのでしょうか?

 

質のよい睡眠をとる

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、眠りが浅く途中で起きてしまったり、質があまりよくない睡眠になってしまうことも。

女性ホルモンのバランスを整えるには、質のよい睡眠をとれるように生活を改善していく必要があります。

 

質のよい睡眠をとるためには、まず就寝3時間前には夕食を済ませておくとよいでしょう。

就寝前に消化活動が終わっていることが理想的で、食事後すぐに寝てしまうと、体は消化活動に注力するため、内臓が休憩する時間が短くなってしまうのです。

 

同じ睡眠時間でも、眠りが浅くなってしまい、次の日の朝疲れがぬけにくくなります。

アーユルヴェーダでは、食事の量は朝:昼:夜を3:5:2のバランスでとると、よ

いとされています。

 

お家に帰った時間から就寝までの時間がどうしても短くなりがちなときは、消化に優しい野菜スープなどを少量とるとよいでしょう。

 

また、温かい飲み物は内臓から体を温めてくれます。

温かい飲み物で一度体を温めて、体温が下がりはじめるときに自然と眠気が起こるので、睡眠前のリズムをつくるのにおすすめ。

 

安眠効果を高めるために、カフェインがはいっていない飲み物を選びましょう。

とくにおすすめの飲み物は、以下の2つです。

 

  • 白湯

 

内臓に負担をかけずに、自然と体を温めることができます。

また、白湯はデトックス効果があり、体内の隅々まで行き渡り、きれいに掃除をしてから尿として排出されるため、すっぴん美肌をつくるには欠かせないものの一つです。

 

  • ホットミルク+ギー+ナツメグ

 

寝る前に飲むと良いといわれる「ホットミルク」、ミルクには「トリプトファン」という必須アミノ酸が含まれており、体内で「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内物質「セロトニン」や睡眠ホルモン「メラトニン」に変化するため、就寝前に飲むと幸せな眠りにつくことができるといわれています。

また、ホットミルクに「ギー」という無塩バターから不純物を取り除いたものをまぜると、消化力を促進させ、すっぴん肌にうるおいを与えてくれるのでおすすめ。

 

アーユルヴェーダでは、どの体質の人にも使うことができて、栄養素が豊富なことから、「オージャス(元気の源)」で体を満たしてくれる大切なものとして伝えられています。

 

まとめ

 

すっぴん肌のテカりは気になるけれど、なかなか改善できないと悩んでいる人も多いでしょう。

ですが、どうしてそうなっているのかをきちんと理解して生活習慣の見直しを行うと劇的に改善されます。

 

睡眠はすっぴん肌や体だけではなく、心も豊かにしてくれる大切なこと。

今日からぐっすり寝れる方法を試してみてくださいね!

 

 

*ポチッと押して帰ってね♡*

 

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング