すっぴん肌の保湿は、本来お肌に適度なうるおいを維持するために行います。

ですが、すっぴん肌を保湿してもテカってしまうことがあります。

 

保湿は主に化粧水、乳液、保湿クリームなどで行いますが、どんなものを使用するかによってすっぴん肌のテカリが起きる可能性が。

今のすっぴん肌の状態にあったスキンケアを選ぶことが重要です。

 

今回の記事では、「すっぴん肌が保湿してもテカってるときに見直したい保湿ケアグッズとコスメの選び方」についてご紹介します。

 

すっぴん肌が保湿した後にすぐテカるときに選びたい保湿ケアグッズ

 

すっぴん肌がすぐテカってしまう理由は、主には「インナードライ」になっていることが考えられます。

「インナードライ」とは、すっぴん肌の表面は皮脂でテカっているけれど、お肌自体は水分が足りず乾燥している状態。

 

そんなときは、しっかり化粧水でお肌に水分をあたえて、乳液や保湿クリームで保湿をすることが大切です。

すっぴん肌を保湿するためには適度な「油分」が必要で、乳液や保湿クリームに含まれています。

 

この油分が乳液や保湿クリームに含まれている理由は、水分をすっぴん肌の中にとどめておく役割があるからです。

この油分が多すぎるスキンケアグッズ、油分の種類によってすっぴん肌が保湿されてよい状態にしてくれるのか、またはかぶれてしまったり、テカってしまう原因になってしまうことも!

 

どのような種類の油分が含まれているのがすっぴん肌の保湿によいのでしょうか?

スキンケアグッズに使われている油分は大きく分けて3つの種類があります。

 

鉱物油

 

「ミネラルオイル」や「ワセリン」などのことをいい、皮脂とは違う化学構成をしているため、すっぴん肌への浸透はありません。

お肌の表面に膜を作り、外的刺激から皮膚を安全に守ってくれるのは鉱物油と言えるでしょう。

 

しかし、鉱物油はすっぴん肌を保護する効果がある反面毛穴がつまってしまい肌トラブルにつながることも。

お肌が乾燥している人や敏感肌の人、アトピーのある人は肌トラブルを起こすことが多いので、避けた方がよいでしょう。

 

動物性の油

 

ハチの巣から採れるミツロウや馬油、深海ザメの肝油から採れる「スクワレン」をもとに作られた「スクワランオイル」などがあります。

 

動物性の油は、人間のお肌になじみやすく、穏やかに作用します。

ですが、ここ数年動物愛護の観点から動物性の油を使ったスキンケアグッズは希少なものとなっています。

 

植物性の油

 

オリーブオイルやホホバオイル、シアバターなどがあり、もっとも肌トラブルになりにくいオイルです。

ですが、自然の恵みなので酸化しやすく、使用期限が短いものが多いです。

 

使用期限が過ぎたものをスキンケアに使ってしまうと、お肌に悪影響をあたえてしまい、せっかくのすっぴんケアが台無しに。

使用期限をしっかり守って使うことが大切です。

 

すっぴん肌は季節にあわせて変化していくので、基本的には冬の間は水分が不足して乾燥しがちなので、油分が多めで保湿力が高いアイテムを取り入れるとよいでしょう。

春から夏にかけては、すっぴん肌の代謝が活発になるので、皮脂汚れがたまりやすくなることから、油分が少なめの肌触りが気持ち良いタイプのものを選んであげるとお肌トラブルを回避しやすくなります。

 

洗顔後にすっぴん肌がテカっているときは、まずご自身のすっぴん肌がどんな状態かを確認し、含まれている油の種類と量をチェックしてから、お肌にあうものを取り入れていくことで改善することができますよ!

 

すっぴん肌が保湿後すぐテカる人におすすめのコスメ

 

すっぴん肌が保湿してもすぐテカってしまうときは、保湿ケアグッズをまず見直してみましょう!

そして、すっぴん肌によい保湿ケアグッズに巡り合って、すっぴん肌の保湿準備ができたら、次は「メイクグッズ」。

 

皮脂崩れをカバーして、メイクを綺麗に長時間キープできる「メイクグッズ」をご紹介します。

 

テカリ防止に大事なのは「下地」

 

みなさんはメイクをするときに「化粧下地」使っていますか?

最近では、下地がいらないBBクリームなどがあり、そもそも使ったことがない方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここで、簡単に化粧下地の役割をおさらいしてみましょう。

化粧下地には、いろいろな効果があります。

 

  • ファンデーションのノリを良くする
  • 毛穴の凸凹を目立たなくする
  • シミやくすみをカバー
  • 皮脂を抑えてくれるので、メイク崩れ防止
  • コントロールカラーが含まれているものは肌色を整えてくれる
  • 紫外線などの外的刺激から守ってくれる

 

朝メイクして夜遅くまでメイクを落とさない日もありますよね?

実はファンデーションもすっぴん肌にとっては、外的刺激になるため、ファンデーションするときは化粧下地をつけたほうがよりお肌に負担がかかりにくくなると言えます。

 

また、化粧下地には皮脂によるメイク崩れを防止してくれる下地があります。

安いものだと1,000円以下であるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

 

すっぴん肌のテカリは、「スキンケアを見直してくださいよ!」というお肌のサイン。

それに気がつかずにいつまでも油分の多いスキンケアグッズを使っていると、ますますすっぴん肌のテカリが増すことになりますので、注意が必要です。

 

近年ではいろいろな種類のスキンケアグッズが出ていますが、ただ人気だからといって買うのは危険!

あなたのすっぴん肌にあったものをしっかりと選んであげましょう。

 

*ポチッと押して帰ってね♡*

 

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング