すっぴん肌に大人ニキビや肌荒れが起きているとき、メイクをするのは多少ながらためらいがあるもの。

そうとは言え、大人ニキビはカバーしたいので、ファンデーションを選ぶときはより慎重になりやすいですね?

 

ファンデーションとは、すっぴん肌を綺麗に見せるために用途やお肌の状態に合わせて購入すべきもの。

今回の記事では、「すっぴん肌に大人ニキビができているときにお肌を綺麗に見せるためのファンデーション選びとメイクのコツ」についてご紹介していきます。

 

すっぴん肌が汚いのをカバーできるファンデーションの種類について

 

すっぴん肌に大人ニキビができてしまったら、早く治したいのに…と焦ってしまったりしますよね。

ですが、お肌に生まれ変わるのは少し時間がかかるので、それまではできるだけすっぴん肌に負担をかけないメイクをして、保湿重視のスキンケアを毎日丁寧にしてあげてから、のんびりお肌の再生を見守ってあげましょう。

 

すっぴん肌に大人ニキビができてしまっている場合は、お肌への負担が少ないパウダーファンデーションがおすすめ。

パウダーファンデーションは、粉タイプのファンデーションで、最も知られているタイプです。

 

コンパクトタイプのものが多いので、持ち運びしやすくこまめにメイク直しをしたいときにはとても便利です。

パウダーファンデーションは、マシュマロのようなふんわりとした触りたくなるような質感になり、下地やすっぴん肌へ定着させ持ちを良くするルースパウダーとともに使うことが多いです。

 

パウダーファンデーションでもいくつか種類があるので、以下にご紹介しますね。

 

  • プレストファンデーション

固形状になっているもので、パウダーファンデーションと言えばという代表的なものになります。

油分が含まれていないので、さらっとした仕上がりになるのが特徴です。

 

  • ルースファンデーション

粉上になっているファンデーションで、上にあるプレストファンデーションの仕上がりと比較すると、プレストファンデーションはかっちりした仕上がり、ルースファンデーションはふんわりやわらかい仕上がりになります。

 

  • ケーキタイプファンデーション

プレストファンデーションの仲間で、スポンジに水を含ませるとリキッドファンデーションに近い質感で使うことができます。

 

パウダーファンデーションは、脂性肌か混合肌で、メイク直しを何度もしたい人におすすめと言えるでしょう。

パウダーファンデーションはコンパクトタイプが多いので持ち運びやすいことが利点ですが、自分のすっぴん肌に合う色はどんなものなのかがわからないという方も多いのでしょうか?

 

ファンデーションを選ぶときは、フェイスラインにファンデーションをぬってみて、すっぴん肌になじむ色を選ぶとよいですよ。

すっぴん肌の赤みやくすみ、そばかすやシミといった悩みが気になるときは、肌色だけではなくお肌の悩みに合わせて選ぶと自分に合った色が見つけやすくなります。

 

ファンデーションの色は「ピンク系」「オークル系」「ベージュ系」の3種類にわけられ

 

  • ピンク系

黄みがかったお肌の人やくすみが気になる人におすすめ。

 

  • オークル系

標準的な色から小麦色の人にむいています。

 

  • ベージュ系

お肌の赤みが気になる人や色白の人のおすすめ。

 

しみやそばかすが気になるときは、すっぴん肌の色よりもワントーン暗い色のパウダーファンデーションを選ぶと目立ちにくくなるので、ファンデーションを選ぶときに参考にしてみてくださいね。

 

すっぴん肌にファンデーションが綺麗になじんでナチュラルメイクにするコツ

 

すっぴん肌にパウダーファンデーションを綺麗になじませてナチュラルメイクにするコツは、皮脂と乾燥ケアです。

大人ニキビができるときは、お肌の乾燥から皮脂分泌が過剰になり、テカりやすくなります。

 

テカりを防止するためにも、すっぴん肌を清潔にしてからメイクをするとよいでしょう。

スキンケアを行う順番は、洗顔をして化粧水を塗布、美容液をつけて乳液を塗布する流れになりますが、下地を塗る前にしっかりとすっぴん肌にうるおいを浸透させて、お肌を保湿することが大事。

 

スキンケアを浸透させることで、下地がなじみやすくなって、パウダーファンデーションもぬりムラやヨレを防ぐことができます。

 

また、下地はすっぴん肌全体にぬるイメージがありますが、お肌の凸凹や色ムラといった気になる部分にだけぬるというのが主流になってきています。

イエロー系は、色ムラやくすみを解消し、ピンク系は顔色を良く見せたいときに使用するとよいでしょう。

 

また、グリーン系はすっぴん肌の赤みをおさえてくれますし、オレンジ系はクマや色素沈着によるくすみをカバーしてくれます。

ブルー系・パープル系は透明感を出したいときにおすすめですし、パール入りのものは毛穴が気になるときに使用するとよいでしょう。

 

下地のカバー力を発揮するためにも、しっかりと下地がお肌に浸透してからファンデーションをぬりましょう。

 

まとめ

 

数あるファンデーションの中から、自分のすっぴん肌の色やお肌の状態に合ったファンデーションを選ぶのはけっこう大変な作業ですよね。

でも、逆にきちんと選んであげられれば、1日メイク崩れせず綺麗に過ごすことができて、すっぴん肌への負担を軽減することが可能になります。

 

そうすれば、すっぴん肌の大人ニキビを早く解消することも可能です。

まずは、あなたのファンデーション見直してみましょうね。

 

 

*ポチッと押して帰ってね♡*

 

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング