突然ですが、あなたのすっぴん肌は何肌ですか?

健康的なお肌を持つ「健常肌」、皮脂分泌が他よりも多い傾向にある「脂性肌」、脂性肌とは対照的に皮脂や水分が不足している状態の「乾燥肌」などいろいろありますが、季節の変わり目にいつもすっぴん肌がヒリヒリして、化粧水で赤みやニキビができてしまうのは「敏感肌」です。

 

この敏感肌というのは医学的な病名ではなく、敏感肌といってもトラブルが起こる原因がさまざまなため、4つのタイプにわけることができます。

あなたがどのタイプであるかによって、すっぴん肌のケア方法が変わってくるので、しっかりとチェックすることが重要。

今回の記事では、「敏感肌になっている時の正しいケア方法」についてご紹介していきます。

 

すっぴん肌に化粧水が合わずにニキビができる敏感肌になってしまう原因は?

 

すっぴん肌に化粧水が合わなくて、お肌がヒリヒリしたり、ニキビができてしまうのは、お肌が敏感な状態になってしまっているから。

冒頭でもお伝えしたとおり、敏感肌は4つのタイプにわけることができます。

 

  • 接触することですっぴん肌が反応

このタイプの人は、髪の毛や下着などの衣類が触れるとその部分にかゆみや湿疹など肌荒れが起きます。

また、植物や動物に触れるとその部分がかぶれてしまったり、全身がかゆくなってしまうことがあります。

 

金属やアルコールにも反応し、すっぴん肌が赤くなってしまったり、かゆくなってしまうのです。

このような敏感肌は、特定の成分や接触した時に起こる摩擦、外部刺激に反応してしまう傾向があります。

 

  • 外的環境の変化やストレスですっぴん肌が反応

気温の寒暖差や強い紫外線、PM2.5などの大気汚染などの外的環境の変化や花粉など外部からくる何らかの環境ストレスによって、すっぴん肌が一時的に過敏になってしまうのがこのタイプです。

 

  • アレルギーによりすっぴん肌が反応

化粧水やシャンプー、洗顔料やクレンジング剤などに含まれている特定の成分に反応して、すっぴん肌が赤くなったりかゆくなったりする、もしくは特定の食材に触れたり食べたりしたときに赤くなってかゆくなったりします。

一番はじめにお話した「接触することですっぴん肌が反応」と同じく金属に触れると赤くなったりかゆくなったりすることがあります。

 

このように体質やすっぴん肌の肌質に合わないアレルギー物質「アレルゲン」に触れるとすっぴん肌が敏感に反応してしまうのが、このタイプの特徴です。

 

  • 自律神経系からの影響によりすっぴん肌が反応

生理前や妊娠・出産後、更年期などホルモンのバランスが崩れやすい時期に、吹き出物やかぶれが出やすくなります。

また、精神的なストレスな身体的な疲労を感じるとき、睡眠不足による体調不良などが重なることで肌荒れが起きてしまうことも。

 

このタイプは自律神経系の影響により、すっぴん肌が反応してしまうタイプです。

 

すっぴん肌が敏感肌になっているときに行うべきケア方法とは?

 

あなたのすっぴん肌はどの敏感肌タイプでしたか?

ここからは敏感肌になっているときに行うべきケア方法について、ご紹介していきます。

 

  • 配合されている成分をチェックしよう

特定の成分によるアレルギーにより敏感肌になってしまっている場合や時期によってアレルギー症状が出やすい場合は、化粧水や化粧品などすっぴん肌に直接触れるものには注意が必要。

もし過去に特定の成分により赤みやかゆみなどが起こったことがあるのであれば、その成分をメモして、今後化粧水やその他スキンケアアイテムなどを購入する前に使用されている成分をチェックし、できる限りアレルギー症状を起こさないように気にかけてあげましょう。

 

特にアレルギーを発症しやすい刺激成分は、アルコール系や合成香料、合成着色料などがあります。

その他にも食べ物や植物でアレルギーを持っている人は、化粧水やコスメなどに使われる食物・植物成分についてもチェックしましょうね。

 

  • 角質にうるおいを!

敏感肌のすっぴん肌は見た目にも繊細で、肌荒れが目立ってしまうことも。

皮膚の一番上の層である角層は、およし20もの薄い層(これを角質細胞と呼びます)が積み重なって構成されていますが、その厚さがわずかたったの0.02mm!

 

ですが、この薄い層が紫外線や化学物質などの外的刺激からすっぴん肌を守り、それと同時に皮膚内部に保持している水分を外に逃がさないようにバリアしているのです。

角層を作る20の角質細胞は、細胞と細胞の間に角質細胞間脂質と呼ばれる物質がぴったりと隙間を埋めて、層が崩れないように守っています。

 

この角質細胞間脂質は保湿成分としても有名な「セラミド」で約40%を占めています。

セラミドの保湿・保水力は最強で、湿度が下がろうとも水分を挟み込んで逃がさないので、化粧水にもセラミドが含まれたものを選んで取り入れるとよいでしょう。

 

まとめ

 

季節の変わり目や無意識に何かに触れたことでヒリヒリしたり、赤みやニキビができてしまい、すっぴん肌のゆらぎに振り回されて心も疲れてしまいますよね。

でも、繊細な敏感肌を守るポイントやお肌にあったスキンケアできちんと守ることができるのであれば、こんなに嬉しいことはないですよね。

 

毎日すっぴん肌がご機嫌で過ごせるように、スキンケアを心がけましょう。

 

 

*ポチッと押して帰ってね♡*

 

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村

 

 

人気ブログランキング