肌寒くなって、すっぴん肌が乾燥しやすい時期になってきました。

「ちょっとお肌がカサカサしてきたから、化粧水を変えてみようかしら?」と変えた瞬間、すっぴん肌にブツブツやかゆみ、ニキビができたことはありませんか?

 

これはすっぴん肌の好転反応なのかというと、そうではなく、化粧水の成分がお肌にあっていない可能性が高い。

好転反応だからと言って、ブツブツやかゆみを我慢して使い続けると取り返しのつかない状態になってしまう最悪のケースも考えられます。

 

今回の記事では、「好転反応」「すっぴん肌をよくするためにまず行うこと」についてご紹介していきます。

 

すっぴん肌に化粧水をつけたらかゆみやブツブツニキビ、好転反応ではないの?

 

まず、すっぴん肌に化粧水をつけたときに起きるかゆみやブツブツ、ニキビは好転反応ではないのかについて考えていきましょう。

そもそも、「好転反応」とは何かというと、「化粧水を変えたときに一時的に肌の状態が悪くなることで、その後すっぴん肌は良くなっていきますよーと前触れを予告する現象」とされています。

 

ボディトリートメントなど手技によっては、体内の巡りがよくなって、毒素が体外に排出されるときに一時的に体がだるくなることはありますが、化粧水をつけてすぐ好転反応が起こることは稀であると言えます。

化粧水をつけてすぐかゆみができるときは、化粧水に含まれる成分がすっぴん肌に合っていない可能性が非常に高いので、すぐにその化粧水を使うのをやめましょう。

 

特に1、2回使っただけでかゆみができてしまう場合は、アレルギー反応を起こしてしまっていることも。

アレルギーとなると、いくら使い続けてもすっぴん肌が慣れることはないですし、お肌に負担をかけるばかりになってしまうので、できるだけ早く使用をやめなければなりません。

 

このような反応は、すっぴん肌の皮膚が薄く、抵抗力の弱い部分に最も現れやすいです。

具体的なパーツでいうと、「目の周り」や「頰」、「口の周り」などになります。

 

これらのパーツでかゆみができたときには、化粧水が合わないもしくはあなたのすっぴん肌には刺激が強すぎる成分が含まれているということになりますので、化粧水を見直すか使用を控える必要があります。

次に、化粧水をつけたらブツブツやニキビができてしまったという場合について、考えてみましょう。

 

すっぴん肌にニキビができてしまうと、見た目からしてお肌の状態が悪く見えてしまうので、一分一秒早く治してしまいたいと考えてしまう女性は多いのではないでしょうか。

わたしも昔すっぴん肌にニキビができてしまったとき、何とか早く治したくて、薬をぬったり、サプリをとったりと必死になった記憶があります…。

 

ですが、殆どの場合は一時的なものでそのままにしておいても治ってしまうので安心して。

ニキビができてしまう主な原因は、すっぴん肌の表面にいる常在菌のバランスが変化してしまったときに起こります。

 

殺菌力となる成分が含まれている化粧水から含まれていない化粧水に変更したとき、それまでは変更する前の化粧水の性能に合わせてすっぴん肌の角質の代謝や皮脂分泌量などを整えていたため、バランスが崩れてしまうことになります。

すっぴん肌に常在している菌たちは、バランスの崩れた角質や過剰に分泌される皮脂を餌にして増殖してしまい、その結果ニキビができてしまうのです。

 

このようなときは、すっぴん肌の代謝リズムが新しい化粧水に慣れてくれば、自然にバランスを整えることができるようになるので、しばらくするとニキビも治っていくのです。

ちなみに、ニキビの場合は皮脂分泌量の多い「顔」や「小鼻」、「頰」にできることが多いので、ニキビができたときはできた場所もチェックしておくとよいでしょう。

 

すっぴん肌に化粧水が合わないときに行うべきこととは?

 

すっぴん肌に化粧水が合わないとき、スキンケアや対策は何をすればよいのでしょうか?

まずは、化粧水があなたの大切なすっぴん肌に悪影響を与えているどうかチェックをしましょう。

 

すっぴん肌の状態が悪くなると、1番に新しく使った化粧水を疑いたくなる気持ちはわかりますが、お肌の不調にはさまざまな理由が考えられるのです!

たとえば、職場や人間関係などの環境の変化、過度に感じるストレス、生理の前後などホルモンバランスの変化、栄養素の偏った食事、不安なことや心配なことで頭がいっぱいのとき、そして化粧品の変化などがあります。

 

大好きだった彼氏から突然別れを告げられて、悲しくて夜も寝れなくて睡眠不足になってしまったり、はたまた「やけ食いだ〜!」と言ってチョコレートやポテトチップスなどを食べ続ける生活を続けていたりしませんか?

すっぴん肌への影響は、ふとした習慣の変化などから起こりますので、まずはご自身の日々の変化を観察してすっぴん肌の状態が悪化してしまった原因を知ることが大切です。

 

まとめ

 

すっぴん肌は心と体の鏡であるといわれています。

心が疲れていたら、笑顔がなくなり暗くなってしまうし、体調が悪くなってしまったら、青ざめたり熱で赤くなったりしますよね?

 

すっぴん肌の状態が良くないときは、まず心や体が疲れていないか、問いかけてあげてください。

自分自身をまず大切に、愛してあげることがすっぴん肌美人への1番の近道です!

 

*ポチッと押して帰ってね♡*

 

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキン